読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day one smile

毎日の暮らしと人生を豊かで快適に。

ヴァージニア・ヘンダーソン

ひとりごと 看護師への道

こんにちは。
今日もお天気良くて気分上々です。

昨日はロッケンローして笑ってきたので
今日は真剣に自分の今世のテーマに
向き合っています!

小論文、出願調書、
病院見学のための準備、
体力気力に時間、10倍ぐらい欲しい。

思いがけず知ったのですが、
ヘンダーソンという名の
有名な方の中に、
ヴァージニア・ヘンダーソンという
看護の世界では有名な方が
いらっしゃるのですね。

私は
石焼き芋のヘンダーソンしか
知らなくてびっくり。m(_ _)m

f:id:ohanaworld:20160626153112j:image
会えるものなら会いたいと思います。

 

ヘンダーソン先生が、

『看護の基本となるもの』の中で挙げた

14の基本的ニード、

人の基本的欲求と基本的看護の構成要素と

呼ばれるもの。

1. 正常に呼吸する。

2. 適切に飲食する。

3. 身体の老廃物を排泄する。

4. 移動する、好ましい肢位を保持する。

5. 眠る、休息する。

6. 適当な衣類を選び、着たり脱いだりする。

7. 衣類の調節と環境の調整により、体温を正常範囲に保持する。

8. 身体を清潔に保ち、身だしなみを整え、皮膚を保護する。

9. 環境の危険因子を避け、また、他者を傷害しない。

10. 他者とのコミュニケーションを持ち、情動、ニード、恐怖、意見などを表出する。

11. 自分の信仰に従って礼拝する。

12. 達成感のあるような形で仕事をする。

13. 遊び、あるいはさまざまな種類のレクリエーションに参加する。

14. “正常”発達および健康を導くような学習をし、発見をし、あるいは好奇心を満足させる。

 

ナイチンゲールな看護覚書とは

また違いますね。

 

どんどん勉強します!!