読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day one smile

毎日の暮らしと人生を豊かで快適に。

オヤガデキルコト

こんばんは。

子供が今自分の壁を乗り越えるべく
自分自身と闘っています。

子供は今思春期真っ只中。
親には話したがらないです。
聞いていても、ちょっと口を出せば
猛烈に反発しはじめます。

悩んでいるのに、親と話せない。
自分の考える視野しか理解できない。
苦しくないのかな…。

なんて

私も私目線で考えていました。

ほっておけない。
でも構い過ぎては悪化する。

私は、父親になろうとしたり、
親戚のおじさんに、
なってみせようとしたのかな。

私の思春期はどうだったか。
基本的に祖父母しかいなかったけど、
私は発散し放題だった。
不良にはならなかったけどそれはもう
なんでもかんでも口にして、
心配かけまくり。

祖父母は
疲れた顔していたけど
ただひたすら愛情をかけてくれた。
愛情をかけてくれるというのは、
お金をかけるのではなく、
私を思ってくれて、受け止めてくれて、
良い私でも悪い私でも変わりはなかった。
私はそれを確かめるように
悪態ついたりしていたな…。
悪い私だと、怒るのではなく、
ただ疲れたり悲しんだり。
良い私だと、とても幸せそうだった。

親と違って、祖父母と過ごせる時間は
本当に短い。だから本当に、
ずっと後悔していたけど、
今は感謝の気持ちでいっぱい。
心配かけた分、立派にならなきゃ!
って思っています。

私の回想になってしまいましたが。

こんな時、
親ができることといえば…

子供がほっこりする美味しいご飯を
作ってあげること。

ただただ、話を聴いてあげること。

そう考えた、夕方の帰宅時間。
私はめまいと吐き気をおこし、ふらふらに…。

なんとか気のせいだとして、
スーパーまできたところでダウン。

こんな時に!カ〜なんて脆弱母!囧rz

ひとまず子供に連絡して、
休み休みお弁当を買い、帰宅。

子供に配膳をお願いして、
休み休み食べてなんとか夕食を済ませ、
ソファにパタリ。

お互いに言い合ってしまうことなく
平穏に終わりました。

明日は大好物のハヤシライスでも
作ってあげたい。

も〜超絶体力ギブミーです。

私は不安と心配を手放して
子供を信じて、美味しいご飯と
温かい家、を整えることに
気持ちを入れようと決めました。

健康で笑顔な子供に感謝します。

今日は長くなりました。
最後まで読んでくださり
ありがとうございます。

f:id:ohanaworld:20160920220906j:image
私のコンチョコレクション。
ハロウィンシリーズ。
気に入ったものに出会うと
毎年買い足していて、今では4個に。
コンチョで季節を楽しむのが好きです。
髪型もちょっとダークでクラシカルな
感じにしたりしています。ふふふ。