読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

one day one smile

毎日の暮らしと人生を豊かで快適に。

何者 N@NIMONO

こんばんは。

あぁ幸せな土曜日。
マンションの中庭には
かわいい小さなモンスターが
たくさん走り回ってほのぼの。

何人かの大人が、
赤と白のシマシマシャツを
着ているので楳図かずおまことちゃん
かと思ったら、ウォーリーでした。真顔

我が家は仮装せずに魔法の時間を。

f:id:ohanaworld:20161029225918j:image
何者、を観ました。
原作は直木賞を受賞。

すでに子供は先に観ていたのですが、
少し解釈が難しいからもう一度観たいと。

一番共感できるのは誰か。
一番共感できないのは誰か。

就活について。
社会人の立場からの見解。

高校生としての感想。

そんなことを話しました。

さて、ここからは少しネタバレ。
ネタバレしてはならない方はスルーを
お願いします。


(*´꒳`*)(*´꒳`*)(*´꒳`*)


劇中に、


自分のアピールポイントを
◯分以内で話してください。
と、面接時が投げかけてきます。
しかも、面接官の人は、
ストップウォッチをカチッと押しながら。


子供は、
ここにすごく驚いていました。


入学式、卒業式も、時間配分がある。

テレビ番組も、時間内におさめるように
進行していく。

それと一緒だよ。

プレゼンをする時には時間配分があり
進行役の中にタイムを計っている人がいて
必ず与えられた時間内におさめるように
話すことになるよ。

そんな話をしたら、少し理解した様子。

だからプレゼンは準備8割と言われている。
就活も一緒だよね、と話しました。

熾烈な就活は経験しておらず
ほぼ運と勢いで乗り切ってきた私は
偉そうなことは言えない。

だけど今の私が分かっていることを
子供に話しました。

数年後にやってくる現実について
少し話せてよかったな。