one day one smile

毎日の暮らしと人生を豊かで快適に。

模様替え

こんばんは。

 

会社に行っても、家に帰っても、SNSやメールでのやり取りでも、

感染症のことばかりです。

 

真摯に受け止め、できる限りの予防対策を行い、

情報にあおられないようにしています。

 

今日もまた、志村さんの訃報に、

心がぎゅっと締め付けられました。

急に、実家の母への心配が増しました。

どうか、これ以上誰も亡くならずに、

乗り越えてほしい、乗り越えたい。

 

家の中をセージで浄化して、模様替えをしました。

ダイニングテーブルとソファを組み合わせて使っていたのですが、

ダイニングはダイニングテーブルセット、リビングにはソファ、とそれぞれを分けました。

しばらく、微妙に高さの合わないテーブルとソファでご飯を食べていたのですが、

今夜からは高さもピッタリできちんとご飯が食べれます。

壁際でソファと一体化して寝てばかりだった私も、ソファ寝を卒業できそう。

TVが観れないと文句をいって子供が不機嫌になることも解消!

すみに追いやられて遊び相手がいない状態のキャットタワーも、

リビングとダイニングの間に移動して、子供が座ったまま遊べるように。

 

狭くなるかな、と思っていましたが、逆に、急に部屋が広く感じるようになり、

猫も伸び伸び、子供も伸び伸び、私も穏やか安らかに過ごせそうな気持ちの良い空間に。

 

やってよかったです!

これで家の中も家族全員で快適に過ごせます。

 

今の時期、なんとなくでも模様替え、おすすめです!

 

デトックス そういう性なのさ

おはようございます。

映画館にも行けないので、
スマホかパソコンで、
見逃していた作品を観るという
映画ライフにシフトしてます。


見逃したものや、
あまり心に響かなかった作品は
今後、スマホやパソコンで観ようかな。


ということで、たまたま目に留まった、
1950年代のある作品を鑑賞。


私がまだ生まれていない時代の世界。
和装の人もたくさんいる。


登場人物は、皆個性が強い。
女に興味がないが生家を守りたい男。
経済的に恵まれているが男に目がない女。
そんな両親を持つ娘が、
自分のアイデンティティを探す。


その旅の中で、娘が出会う人達の
何気ない日常会話や声がけ。


今の時代ならどうだろう。
まず両親を、世間は蔑むかもしれない。
娘のことも、経済的に恵まれているのに、
贅沢だ、もっと立派でいるべきだ、と
批判するかもしれない。


劇中は1950年代。少し違う。
身分も今より区別があり、平等ではない。
だから、それぞれの身分なりの言葉はある。


だからこそ、それぞれの性というものを、
受け入れやすかったのかもしれない。


女に興味がない男は、そういう性なのさ。
生家を守るためには、手段を選ばない。
娶った女のことなんて、理解できない。
型にはまって生きていきたいのさ。


男に目がない女は、そういう性なのさ。
すぐに惚れて、奪うこともあるし、
自分で自分の幸せをぶち壊すこともしてしまう。
自由にして生き、何処かで息絶えるのさ。


金持ちも、貧乏も、
自分の出自を否定しない。
他人の出自を否定しない。
それぞれの性分も、否定しない。


そういう性なのさ。
このひとこと。


それを聞いたら、
自分を取り囲むあらゆる人の事が
急に許せる気がしてきました。


お母さんは、そういう性なのさ。
お父さんは、そういう性なのさ。
会社の人たちも、そういう性なのさ。
我が子も、そういう性なのさ。


私が考えることではない。
私は、私自身を軸に、どう接するかを考えればよい。


あるべき姿、なって欲しい姿、期待、
それは私が勝手に押し付けていた幻想。
逆に、人に言われることも、人の幻想。
同調圧力もあるから、人数に関係なく、幻想。


目の前が、パアと明るくなる。
同時に、懐かしい気持ちになる。
小さい頃いた、大祖父母を思い出す。


心底歪み合う世界とはさよなら。
病気になるほど自分を責めるのもさよなら。
みんなそれぞれの性で生きている。
認めたら、みんな楽になる。


御先祖様か、大いなる存在か、自分。
誰かが、観せてくれたデトックス映画作品。


とってもデトックスになりました。

f:id:ohanaworld:20200329150010j:image

 

 

デトックスかな

こんばんは。

家族でダウンしております。
数日おきに病院通いです。

 


アレなのかコレなのかは、わからない状態です。
しかし良くならないので、明日もまた、病院です。


これはきっと強力なデトックスなんだ。
今はそう感じています。


私は比較的に症状が軽いので、
調子が良い時には、本を読んでいます。


暫くぶりにしっかりと向き合った活字に、
最初は拒絶反応ありましたが、
今はまずまず、読みたいように読めています。


物理的な活動も大好きなので
元気だとなかなか、腰を据えて
本が読めなかったんです。


今は外出もままならなくて、
趣味の映画鑑賞、カフェ散策、旅行、、、
全く行けないので良いチャンスです。


回復するまでの間は、溜めていた本を、
ひたすらに読みます。


📚


そして早く…回復しますように。


f:id:ohanaworld:20200315231455j:image
我が家で唯一、元気な方。

 

 

変化の時

こんにちは。

今週末は寒の戻りなのか、寒い。

 

マンションの修繕工事が完了、家の中もベランダもスッキリ新しく綺麗になりました。

数ヶ月間、カーテンを閉め切り、洗濯物も干せずで闇の中にいるような雰囲気でしたが、

今日からはカーテンを開け、網戸にして換気、なんだか久しぶりに新鮮な空気を吸い込みました。

 

しばらく更新しない間、いろーんな事がありました。

感染症蔓延による活動の制限、物資の不足、感染の広がりによる不安、

稀に見る沼のような仕事、そして、まさかの環境の変化。

 

一番最後の環境変化は、自分の最も苦手な最高に嫌なもの。

最初はギクっとしました。耐えられる?と。

 

今まで、必要だと心底思っても無理と判断し我慢か代替え品を入手。やりたい事は増えるけど、同じく我慢。

最近の私は、必要だと感じたものは躊躇なく入手し、やりたい事はどんどんやるんだと決めて

行動も遠慮なくしていく、というスタンスに切り替えました。

直感で良いと思ったものもすぐに取り入れています(最近ではセージを炊く、です)。

 

好きなように生きる。小さな事を実現しながら、目指す自分のステージに進む。

 

そのせいか、今回の環境変化は、聞いた時こそ悲しく思いましたが、

次のステージに行くために必要な事なんだろうと、心穏やかでいます。

そればかりか、ここ数年脳内にあった、謎の苦しみから、解放されました。

私のステージはここではない、とも感じました。

 

時間も確保できそうなので、一気にやりたい事リストを再整理し、実行スケジュールを立てました。

 

世間も、今まで就業とみなされにくい面があったテレワークが肯定化されるなど、変化の時を感じます。

自分も今この時から、変化するのだとひしひしと感じています。

 

この変化の波に乗る!私の直感が働くように、自分を癒し、大切にして過ごします。

さー今日は溜まりに溜まった家計簿の入力と分析、読みたい本を読んで、ゆっくりします。

 

このブログを読んでくださっている皆様もぜひ、ご自愛ください。

 

 

f:id:ohanaworld:20200307161314j:image
いつかの不思議な空。 

 

 

ツイテルよ

こんにちは。

偉い人の計らいで助かった今月。
そのおかげ様で頂いたチャンスを、
今日は頑張る日でした。


しかーし疲れているのか
身体がついていかない…苦笑。


ヒィーと悲鳴をあげながら自販機へ。


一度目は、ドリンクチケットが当選。
二度目は、ルーレットが当たりもう一本。


1日に2回も当選するなんて‼️
なんてすごいのだろう‼️


当たりを出してくれた自販機に感謝✨
大いなる存在の方々ありがとうございます😊。


ずっとしんどかったけど、
こんな素晴らしいラッキープレゼントに
なんとか乗り切る事ができました〜😂😂😂。


f:id:ohanaworld:20200222170436j:image
ドリンクチケットにもう一本のオマケ✨😍


嬉しすぎるー。
こりゃツイテルね。

 

疲れた時は考えない

こんばんは。

目覚ましをかけずに、ぐっすり眠ったり
お休みの日に、ゆっくり映画を見たり
なかなかそんな事ができません。


足りない睡眠時間を、ベッドで寝れたからヨシ!
としています。


こんな時って、余計な事を考えちゃう。
途中でハッと気が付いて、やめやめ。


ふかふかの毛布に布団、
ベッドで寝れているから、幸せ。
という嬉しいことをまず思いだします。


f:id:ohanaworld:20200220061109j:image
いつかの駄菓子。
駄菓子と思っていたけど、美味しくて驚いた。
事実って大事ですね。

 

毎日が幸せかい?

こんばんは。

深夜になりました。


毎日が、幸せかい?
最近自分に問うようになりました。


自分では幸せと思っていても、
人の価値観で判断すると、
辛いことのように言われたりします。


その場にいる自分しか、わからないこと。
はたから、その人の環境から、
その人の価値観で見たら、
同じ空気も景色も、違って見える。


信じるべきは、自分の感覚。
幸せだと感じていれば、それでいい。
感謝の気持ちを持てばいい。


不安や恐れは、自分が作り出す。
もしそんな気持ちが浮かんできたら、
毎日が幸せかい、と自分を幸せモードに
向けるようにしていこう。


f:id:ohanaworld:20200219060105j:image
自分をどこに持っていくかは、自分次第。